旅行を楽しむための荷造りのコツ

持参する荷物を最小限に抑えると快適になる旅行

旅行で大変と感じる事が多いのが荷造りです。旅行の日程が長いほど、持参する荷物も多くなってしまいます。しかしかさばる荷物が一緒では、十分に旅行が楽しめません。そこで旅行の荷造りの際には、必要最小限の荷物だけを選ぶ必要があります。まずは、旅行に持っていく予定の荷物を全てリストアップします。そのリストの品に優先順位をつけ、もっとも旅行に必要なものから順番に選べば、荷物の数は最小限に抑えられます。また荷物によっては、旅行先で現地調達できるものもあります。例えばドライヤーは、旅行先の宿泊施設でもあらかじめ用意されている場合が多いです。不要と思われる荷物は、思い切って自宅に置いて出掛けるのが旅行を楽しむコツの一つです。

小さめのキャリーバッグを選び旅行中は宅配サービスを活用

旅行の準備では、キャリーバッグ選びが重要です。欲張ってしまい大きめのキャリーバッグを選んでしまうと、その重さに振り回されて旅行どころではありません。そこでキャリーバッグ選びでは、欲張らずできるだけ小さいサイズを選んだ方が負担が少ないです。ただしショッピングが目的の旅行だと、大きめのキャリーバッグを選ぶ人が多いです。そのような場合でも、宅配サービスをうまく利用すれば荷物の量は減らせます。リゾート地では、宅配サービスで荷物を自宅まで送り届けてくれるショップも多いです。また街中で宅配業者も見つけることができるため、キャリーバッグには必要最小限の荷物を入れて、旅行中はできるだけ荷物は持ち歩かずに済みます。

タビマスターズ

みんなが使う場所について知ろう!東京駅

あちこちにあるレリーフを探せ!

東京駅に訪れた際は是非南北ドームをゆっくり眺めてください。あちらこちらに様々な形を象ったレリーフがありますよ。まず天井近くの柱にいるのは鷲です。8羽の鷲が翼を広げ、足には稲穂をつかんでいます。なんと羽の大きさは約2.1メートル!下から見るだけでは想像もつかない大きさですよ。つぎに天井近くの窓の下にあるのは秀吉の兜のキーストーン。ショウブの一種である馬蘭の葉の形をしています。その傍にあるのは剣型レリーフです。剣の上部には円形の鏡があしらわれています。この二つは明治、大正時代彫刻として剣や兜が好まれていた名残です。さらに干支のレリーフもあり、東の卯、西の酉、南の午、北の子は除かれて8つの干支がそれぞれの方角に配置されています。どのようなレリーフなのか見てみてくださいね。

東京駅の歴史100年、こんなこと、あんなことがありました

東京駅は1908年に竣工、6年後の1914年に開業しました。コンクリートに不安を感じた設計者である辰野金吾は鉄筋レンガ造りで東京駅を作り上げました。しかし、太平洋戦争にてB29が投下した焼夷弾が着弾、ドーム屋根と3階部分が消失してしまいました。戦後は厳しい財政事情のためなかなか再建することができず、焼失した部分をカバーする形で丸屋根を八角屋根、3階部分は作らず2階として建て直しました。そして時は流れ現在、それまでの駅舎の外壁など利用可能な部分はそのままに東京駅は創建当初の3階建てに復元されたのでした。東京駅のなかには東京ステーションギャラリーという美術館が1988年に誕生し、定期的にイベントも行われています。そちらにも足を運んでみてください。

旅行

仙山線で行く作並温泉のおすすめポイント

作並温泉へ行きたい時は

仙台市郊外には作並温泉があります。静かで趣のある温泉街ですから、日頃の疲れを癒やすのにぴったりです。泉質は良く、体の芯まで温まります。日帰り温泉にも入れますから、週末はたくさんの観光客で賑わっています。作並温泉へ行く場合、仙山線の電車を利用することが可能です。仙山線は仙台駅から山形駅まで通っている路線ですが、山間を走りますので、車窓の風景を楽しめます。広瀬川の清流を見下ろすこともできますから、写真撮影のポイントとして知られています。尚、作並駅で下車した後は、各旅館がバスで迎えに来てくれます。けれど、徒歩20分から30分ほどで到着しますので、景色を眺めながら作並温泉まで歩く方法も人気があります。

人気が高い仙山線の観光スポット

仙山線沿いには、さまざまな観光スポットがあります。作並駅から1キロほどのところには、ニッカウヰスキー工場があります。ウイスキーの製造過程を見ることができますから、関心がある方には最適です。敷地が広く、緑が豊かな施設ですし、ウイスキーやソフトドリンクの試飲を楽しめますので、家族連れやカップルに人気があります。また、宮城県と山形県の県境にある奥新川駅にはキャンプ場があります。尚、奥新川駅からキャンプ場までは徒歩3分程度です。ハイキングや登山もできますので、アウトドアに興味がある場合にはぴったりです。さらに、作並温泉は国道48号線沿いにありますが、春には桜並木を見ることができます。シーズンには多くの花見客が訪れています。

旅芸人

新幹線と飛行機の使い分けをしよう

新幹線が向いている旅行先

旅行に出かける際には、新幹線の利用をすると時間短縮が出来ることと日常的に乗車する乗り物では無いので、非日常感を味わえます。整備新幹線が全国に繋がりつつありますが、駅弁を食べながらゆったり乗車出来る点は安心出来ます。揺れが少なく搭乗時間のために早く空港まで行く必要も無いことから、500km圏内の旅行であれば新幹線利用が早くて快適です。新幹線の停車駅には、レンタカー会社が多いので駅からは車移動も可能。予め予約しておけば、希望のクラスの車手配が可能な上にセット料金として割引が効きます。余程の大災害やシステムトラブルが発生しない限りは、欠航の心配が無いことからも新幹線を利用した旅行は中距離向けに向いています。

長距離旅行は航空機を利用して旅行費用を節約しよう

搭乗時間に制限がある航空機を利用した旅行では、飛行距離が長距離なほど時間と費用の節約が可能です。新幹線のような途中停車はなく、速度も早いからです。予め計画しておいた旅行であれば、チケットを早期手配することで航空運賃は安くなります。新幹線のような定額制ではなく、飛行機のチケットには相場があるからです。海を隔てた遠くまで旅行する際には、飛行機の選択肢のみとなります。南の島や海外など、行き先は選び放題。海外にまで足を伸ばす時には、現地の情勢の確認が必要となりますが、事前準備さえしっかり行えば楽しい旅行となります。台風のような明らかな悪天候が予想される場合には、飛行機は欠航となることが多いので旅の予約は日程に余裕を持って行うと良いです。

タビマスターズ

はじめての海外旅行で押さえたい2つのポイント

現地での移動手段を調べよう

はじめての海外旅行、楽しみであると共に、何を準備すればいいかわからず、不安を抱えることもあるかと思います。そんなとき絶対に押さえておきたいポイントが現地での移動手段です。まず空港からホテルまでの移動方法を確認しましょう。ほとんどの空港でバスや電車が走っていますが、慣れない場所で公共交通機関を利用することは少しハードルが高くなっています。もし目的地までそれほど距離がなければタクシーを利用することも検討してみてください。そのときぼったくられない為にも、空港から目的地までの相場を知っておくと良いでしょう。またタクシーを乗ることも不安に感じる場合は、空港からホテルまでの送迎が保証されている旅行プランを選ぶと確実です。

スーツケースへの荷詰めを工夫しよう!

海外旅行では、服や日用品、電化製品など様々な持ち物が必要となります。はじめての海外旅行の場合は、あれもこれもと準備してしまい、スーツケースがいっぱい、なんていうこともあるかもしれません。けれども、できればスーツケースの4分の1は空きスペースを作っておくと便利です。なぜなら海外旅行は国内旅行と比べても、お土産を大量に購入することが予想されるからです。機内に持ち込める荷物も制限されているため、スーツケースに入りきらなかった場合は、思いがけない出費が発生する場合もあります。よって、できる限りコンパクトにするように心がけましょう。また万が一スーツケースが紛失したときに備えて、最低限必要なものは手元のバックに準備すると安心です。

バカンス

南の島で過ごす癒しのリゾート!~セブ島~

南の島でリゾート挙式を行おう!

セブ島で客室やロビー、庭園、ビーチなどを背景にウェディングドレスを身にまとい挙式を行うことができます。フォトウェディングのプランもあり、初婚の人のみではなく、結婚5周年、10周年と記念に行う人も数多くいます。日本人のコーディネーターが現地にいてヘアメイクから介添え、着付けや通訳まで行ってくれるため心配はいりません。ブーケやケーキなんかも用意してくれ日本では味わえない気分を満喫することができます。そこで気になるのは値段ですよね。挙式は海外旅行の平均が約90万円のところ約55万円という安さで行うことができます。フォトウェディングであれば10万円から20万円程で行うことができます。セブ島の旅行と一緒に執り行うのも素敵ですね!

綺麗な海を堪能しよう!海のアクティビティーが満載

セブ島は小さな島で海がすぐ傍にあります。そのため海のアクティビティがたくさんありますよ。例えば海の魚たちを見学するダイビングやスノーケリングは人気があります。早朝に集合して船に乗ってジンベエザメに会いに行くツアーもあります。魚を間近で見たいけどダイビングの自信はないという人に向いているのはシーウォーカー。空気が送り込まれてくる専用のヘルメットをかぶり海底に潜るというものです。ヘルメットのためダイビングのように呼吸の仕方に特別なやり方はなく、泳ぎが苦手な人にも向いています。他にも海に潜る、のではなく海の上を堪能するアクティビティとしてパラセイリングやフライフィッシュ、ウォーターボール等もあります。たくさんのアクティビティがあって目移りしてしまうほどですよ。

タビマスターズ

意外と楽しい!?思いつきでプランを決める1泊2日の旅!

思い立ったが吉日!当日にホテルを取って行くノープラン旅行のすすめ!

日頃のストレスを発散したり、たまの連休に趣味で各地を巡ったり。旅行に関する楽しみ方は本当に人様々ですよね。何日も前からしっかりとプランを練って、海外で何泊も過ごす。これはこれで最高のバカンスです。しかし、旅行費用もかなり高額になり、旅行のために休日を調整しなければならない時もあり、逆にそれがストレスになってしまうことも。そんな時おすすめなのが、1泊2日で行くノープラン旅行です。日帰り旅行だと物足りない、でもしっかりとプランを考えてする旅行は苦手。そんな方に特にノープラン旅行はおすすめです。基本的には連休当日に行き先を決め、そして泊まるホテルを予約する。たったこれだけで旅行の煩わしい手配が完了します。

ノープラン旅行は時間に縛られない本当の旅行の醍醐味を味わえます

連休当日にホテルを探すのですから、予約できるホテルは限られてくるかもしれません。ただ、当日予約に限って格安で宿泊できるホテルもありますので、こういったホテルを探し出すこともノープラン旅行の魅力だと言えます。また、行き先は電車や車で2時間程度で行けるところがいいでしょう。あまりに遠すぎると移動する事がメインになってしまいます。電車なら各駅停車、自動車なら一般道での移動がその土地その土地を楽しめますのでおすすめです。行き先と泊まるホテルが決まれば、兎に角目的地に向かい、ゆっくりと旅行を楽しみましょう。行かなければならない場所はありませんし、時間の縛りもありませんので、自分なりの旅行を楽しみましょう。時間に縛られない事こそ、ノープラン旅行の最大の魅力だといえます。

放浪