新幹線と飛行機の使い分けをしよう

新幹線が向いている旅行先

旅行に出かける際には、新幹線の利用をすると時間短縮が出来ることと日常的に乗車する乗り物では無いので、非日常感を味わえます。整備新幹線が全国に繋がりつつありますが、駅弁を食べながらゆったり乗車出来る点は安心出来ます。揺れが少なく搭乗時間のために早く空港まで行く必要も無いことから、500km圏内の旅行であれば新幹線利用が早くて快適です。新幹線の停車駅には、レンタカー会社が多いので駅からは車移動も可能。予め予約しておけば、希望のクラスの車手配が可能な上にセット料金として割引が効きます。余程の大災害やシステムトラブルが発生しない限りは、欠航の心配が無いことからも新幹線を利用した旅行は中距離向けに向いています。

長距離旅行は航空機を利用して旅行費用を節約しよう

搭乗時間に制限がある航空機を利用した旅行では、飛行距離が長距離なほど時間と費用の節約が可能です。新幹線のような途中停車はなく、速度も早いからです。予め計画しておいた旅行であれば、チケットを早期手配することで航空運賃は安くなります。新幹線のような定額制ではなく、飛行機のチケットには相場があるからです。海を隔てた遠くまで旅行する際には、飛行機の選択肢のみとなります。南の島や海外など、行き先は選び放題。海外にまで足を伸ばす時には、現地の情勢の確認が必要となりますが、事前準備さえしっかり行えば楽しい旅行となります。台風のような明らかな悪天候が予想される場合には、飛行機は欠航となることが多いので旅の予約は日程に余裕を持って行うと良いです。

タビマスターズ